> カードローン審査では年収が大事

カードローン審査では年収が大事

カードローン審査において重要なのは属性ですが、その中でも最も大事なのは年収です。
何故大事なのかというと、借りたお金は返すという大前提もありますが、
特に消費者金融では総量規制が適用されるからです。

総量規制について

総量規制とは、個人への融資は年収の3分の1までという規定のことです。
これを超えてしまうと行政指導などの罰則対象になります。
ですから、カードローン審査の際には必ず信用情報の照会を行い、
他社の借り入れ状況などを調べます。
※総量規制は賃金業法が定めている規制です。
自民党:貸金業に認可制導入を検討、金利や融資額の規制を緩和という記事に書かれている
通り先日緩和の検討もされています。その点は理解しておきましょう。

消費者金融では総量規制があるので、収入の過多を問うことはあまりなく、
安定した収入があるかどうかを特に注視します。

一方、銀行のカードローン審査ではどちらかというと収入の過多に重きを置いています。
その結果、消費者金融では限度枠が300万円か500万円のところが多いのですが、
多くの銀行では500万円を超えております。
なお、限度枠が多いから審査が厳しく、少なければ緩いということはありません。
また、銀行は審査が厳しく、消費者金融は緩いというイメージがありますが、
そのようなことはありません。どこの企業も、それぞれの社内の規定がありますが、
厳しい姿勢で審査に臨んでいます。

借入先は慎重に選ぶ。できれば銀行がベスト

ちなみに、即融資や無収入でもOKなどと謳ってカードローン審査を行う業者もいますが、
先に述べたように総量規制というものが存在しますので、
このような闇金融とも言える企業からお金を借りるのは避けた方がよいです。
いずれにせよ、年収の3分の1という規定だけに捉われずに、
自分自身の生活スタイルを考えた上で申し込まなければ、
後々返済に困ることにも繋がりますので、借り入れは慎重に行いましょう。

参考:安心 キャッシング

カードローン CONTENTS

コラム